大地震の前兆現象

大地震の前兆に関する報告

地震災害|大地震の前兆現象


このページは、日本における大地震の前兆に関する報告をまとめてあります。

大地震の前兆現象に関する情報



TOPページ

地震時の心得10か条

地震の前兆現象

大地震の被害者からの教訓

地震後の暮らしの保障

震度とマグニチュードの違い

地震の規模

首都直下型はM7〜8

地震に弱い場所−1軟弱地盤

地震に弱い場所−2活断層上

東京直下地震の時の被災者は

地震で住宅が壊れた場合のローンや生活支援法

地震保険,損害保険,税金還付

日本の安全神話は崩壊か?

直下型地震の被害想定と報道


▼地震にあう場所の対処法

自宅にいた場合

屋外にいる

映画館・商業ビルにいる

地下街にいる

電車に乗っている

高速道路で運転している

エレベータに乗っている


四谷にある東福院
位牌の後ろに骨壷を納骨する
「直接参拝式の納骨堂」
おひとり30万円〜。

永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。




東京都は1976年度からナマズの研究を続けてきた。但し地震との相関関係を解明できなかったので1991年に調査を打ち切っています。

地震予知連の副会長だった先生は「地震の前兆と見られる自然現象の異変は、一定の規則性があるから住民からリアルタイムで情報収集して、コンピューター解析するシステムが整えば、地震予知に大きな役割を果たすだろう。」と述べている。

前兆現象に関する情報の主な証言

■自然現象

@ 空の発光現象がみられた−神戸市
 ・東の空が一面不気味な紅色に明るく光っていた。
 ・真っ暗な空に青色の光がピカッと走るように光った。

発光現象は電光、火柱、火球の3種が多くある。全国に証言があります。

A月が異常な色をしていた−堺市

B海水が濁った−明石市

C井戸水が濁った−淡路島

D海鳴りのような音が地下から聞こえた−淡路島

E温泉の温度が上昇した−西宮市

F埋め立て地の池が泡立った−大阪市


■生物にみられた異常現象

@地震直前から猫が震えていた−神戸市

A飼い犬がはげしくほえた−東大阪市

Bコウモリの群れが飛び交った−京都市

C冬眠中のヘビがはい出してきた−川西市

Dマダイが突然豊漁になった−淡路島

Eエビや小魚が死んでいた−淡路島

F倉庫のネズミが逃げた−淡路島

Gハトが壁などに衝突した−寝屋川市

H冬眠中のクワガタが出てきた−明石市

I金魚が水槽の砂に潜っていた−神戸市


三重県津市の地震雲に詳しい先生の見解によると、次のように述べています。

・地震雲は雲が伸びる方向で地震が起こる。
・雲の筋が重なるにつれて、発生が近くなる。

1993年5月7日 北海道南西地震
1994年      北海道東方沖地震

阪神大震災(兵庫県南部地震)の前日の地震雲の写真ををみて、「経験則からいうと16日から20日前後で地震が発生する可能性が高い。方角は東海から中国地方にかけて。」と予知した。1月17日未明に直下型地震に襲われた。 


■この他の異常現象

○地震前後に以上電波が見られた−西はりま天文台

地震発生の5時46分の40分前から20分間以上電波を受信した。通常なら波形が上下に振れるが、情報だけに短く振れた。地震発生後も45分間同じパターンが続いた。

○電波時計に異常が見られた

正確無比といわれる電波時計。阪神大震災の一週間前から神戸市内で1日約2秒遅れた。1月10日頃から毎日正しい時間に合わせても遅れ続けた。

○本来聞こえないはずの阪神地域のFMが聞こえた−八ヶ岳南麓天文台

FM電波流星観測を続けている天文台が、4日ほど前から受信機の針が振れだし、振り幅は2日前には通常時の2.5倍、地震発生当日は3倍近くを示した。

○地震発生の1時間前から「気圧変化」が起きていた−神戸市東灘区の個人研究家


ギリシャは、電磁波の研究を地震予知に活用している。過去4年間で約60%の確率で地震予知に成功している。被害を最小限に食い止めている。

東大名誉教授のR氏は、関西地方では中長期的には神戸では震度6の烈震の地震があると警告していたが活かされなかった。

日本の地震学会では、現在の段階では地震予知は不可能という意見が多数占めています。

地震学で予知できないなら、他の研究分野の予知も組み入れて幅広く研究して欲しいものです。


TOPページ    ページトップ
Copyright (C) 地震災害 All Rights Reserved